骨粗鬆症の予防策を構築|規則正しい生活で骨を強化!

祝日も営業している内科

看護師

世田谷区には、土日祝でも営業している内科病院があります。休みの日に急な体調不良に見舞われたらすぐにでも、そのような内科病院に訪れるのが最適です。ただし、平日と異なり営業時間も短いので出来れば早めに利用しましょう。

More Detail

必要な栄養素を摂取

病院

骨粗鬆症は、平たく言うと体中の骨がもろくなってしまう病気です。どのような症状なのかというと、チョットしたつまづきで転倒してしまっただけで骨にヒビが入ってしまうものです。症状が悪化してしまったら、自重によって全身の骨がヒビだらけになってしまい命に関わってきます。もしくは、寝たきりの生活になってしまう可能性もありえるのです。骨粗鬆症は、比較的高齢の人にかかりやすい傾向にありますが、若年層も油断してはいけません。なぜなら、骨粗鬆症は生活習慣によって引き起こされる可能性があるからです。毎日3食の内1食を抜いてしまう事や、バランスの採れた食事を摂らないという生活を送っている人は気をつけたほうがいいです。では、骨粗鬆症をいかに予防して行くのかにかかっているのでしょうか。

骨粗鬆症は、生活習慣の乱れから発症するので、規則正しい生活に切り替える事から始めましょう。適度な運動や睡眠は勿論、骨を丈夫にする効果がある栄養を摂るのも重要です。骨の生成に関わってくる栄養成分は、カルシウムが真っ先に思い浮かびます。その他では、コラーゲンやビタミンDが骨を丈夫にする成分なので、それらを毎日の食生活で効率よく摂取して予防しましょう。カルシウムなら乳製品や魚介、ビタミンDはきのこ類や青魚などの魚介から摂取できます。コラーゲンは、専用のサプリなどを服用して補えば簡単に予防が可能です。上記の生活と必要な栄養素を摂取し続けて、骨粗鬆症の予防につとめていきましょう。

組み合わせ自在の療法

入院

NK療法は、他のがん治療方法と組み合わせる事が可能です。例えば、外科手術で大まかながん細胞を摘出して、体内に残る微細ながん細胞をNK療法で死滅させる事が出来るのです。体への負荷が少なくて、早期にがんを治せます。

More Detail

リンパ球のがん化

看護師

悪性リンパ腫は、血中のリンパ球ががん化する病気です。体にも影響を与えてしまい、リンパ節が集中している部分の腫れや発熱、皮膚の疾患などの症状が現れます。可能な治療法は、抗がん剤や放射線、そして、造血幹細胞移植手術です。

More Detail