骨粗鬆症の予防策を構築|規則正しい生活で骨を強化!

リンパ球のがん化

看護師

悪性リンパ腫は、いわゆる血液中にあるリンパ球が何らかの原因でがん化する病気です。特徴としては体に何らかの変化をもたらしてしまいます。どのようなものかというと脇の下などにあるリンパ節が腫れ上がってしまう病気なのです。それに、悪性リンパ腫は意外と2種類に分類されているものです。ホジキン病と非ホジキンリンパ腫に分類されています。日本人がかかりやすいのは、非ホジキンリンパ腫が多い傾向です。
一度、悪性リンパ腫を発症してしまったら、首や脇の下、足の付根あたりにあるリンパ節の腫れが生じてしまいます。また、リンパ節の腫れは悪化してしまうと全身に影響を与えてしまうのです。それによって、体温上昇や体重の低下といったものが体に現れてしまうのです。体型の変化だけでなく、臓器の圧迫や血流の異常といった事も起きるので、発覚した時点で早急な手当が必要となります。

悪性リンパ腫は、いわゆるリンパ球ががん化した物なので、どのような治療方法が必要なのでしょうか。血液に関係する症状なので、外科手術でのがん化したリンパ球の除去は不可能です。その代わり、抗がん剤や放射線による治療は可能です。また、造血幹細胞移植という手術方法によってがん化したリンパ球を減らす事が可能です。俗にいう、骨髄移植です。血液を作りだす働きを持つ骨髄のゼリー状物質を他の人から移植されるのです。ただし、この手術に関しては提供者との血液型などが細かく患者と一致しているかどうかが重要です。適切な提供者が現れない限り、手術が受けられないので、地道に待つ必要があります。