骨粗鬆症の予防策を構築|規則正しい生活で骨を強化!

組み合わせ自在の療法

入院

NK療法は、別名免疫療法と言われていて、人間が持つ免疫細胞でがん細胞を攻撃する療法です。がん治療を受ける前に、予め体内からリンパ球を摘出してからNK細胞を作り出します。時間をかけて、NK細胞を強化した後に体へ戻して異物質であるがん細胞を攻撃するのです。ただし、リンパ球を取り出す段階から若干の制限を設けている方法でもあるのです。どういう事かというと、リンパ球を取り出すのに大量の血液が必要です。なぜなら、成分分析採血気を利用するからです。特殊な医療機器で、ちゃんとリンパ球が含まれているのかをチェックしながらの採血をする為です。それにかかる時間は2時間程必要なので、体力が限られている患者には不向きなのです。ですが、NK細胞を摂取して活発化した後に戻せば、副作用ナシでがん細胞を消滅させる事が可能です。

NK療法は、他の治療方法と組み合わせて受ける事が可能です。どういう事かというと、外科手術やNK療法の組み合わせ、もしくは放射線や抗がん剤治療とNK療法の組み合わせが可能なのです。例えば、外科手術でがん細胞を取り出したとしても、微細ながん細胞が体内に残っている可能性があります。そのような場合に、NK療法を利用して微細ながん細胞を死滅させる事が可能になります。負担もかからず、がん細胞転移を未然に防ぐ画期的な方法と言えるでしょう。放射線や抗がん剤治療でも同様の事が言えます。放射線や抗がん剤でがん細胞を弱らせてからNK細胞投与で、早急にがん細胞が小さくなっていきます。